『東慶寺』

0

    花寺で有名な東慶寺。

     

     

    今の時期は無理だろうと思っていたら…蝋梅と水仙が咲いていました。

     



    寂しい庭園を ほんのりと甘い香りが心を和ませてくれました。

     



    蝋梅の木よりも梅の木がはるかに多いこのお寺は見頃には花寺というに相応しく花に埋もれているのだろうと想像できます。

    posted by: 店長 | 花旅行記その2 | 09:00 | comments(0) | - |

    『鎌倉』

    0

      この、映画を観て鎌倉へ…行って来ました。

       

       

      "鎌倉は妖気に満ちている″?
      妖気が満ちていそうな場所を探して、鎌倉文学館に来てみました。

      文学館の庭園をいつもと違う視点で見てみると…

       

       

      ここは…

       

       

      こんな風に見方を変えると不思議な世界に見えてきます
      もしかしたら…

       


       

      (^^)なんてね!
      でも、鎌倉は本当に妖気が満ちていても不思議じゃない場所な気がします

      posted by: 店長 | 花旅行記その2 | 22:08 | comments(0) | - |

      『花沢の里』

      0

        静岡県焼津市に狎里粒稿″があるという情報を聞いて、行ってみました。
        昔の街道とは?
        奈良時代の東海道と呼ばれた爐笋つべの小径 ″に花沢の里があります(やきつべ とは焼津のことだそうです)
        長屋門造りの建物と古い民家が数件とお寺がある山間の集落です。

        駐車場から山の方へ向かってゆるい坂道を登って行くと道沿いに小川が流れていて反対側に建物が並んでいます。

         



        建物は高い石垣の上に建てられています。お城の造りみたいですね。

         


        長屋門造りの家とは、昔の長屋のように横長に作られている建物と門が一緒になっている建物のことです。
        こちらのカフェがそうかな?奥には母屋があります。

         



        あちこちの家の軒先に爐澆ん″が売られていました。この辺りではみかん栽培が盛んです。
        勿論、無人販売です。(一袋100円か200円です)

         



        集落の奥に駐車場がありました。
        こちらも駐車場料金は 「このボトルに入れて下さい」(^^;何だか笑ってしまいました。

         



        集落の奥にはお寺があり犇鮹塋垢観音″という観音様がいます。手を耳に当てて聞いてくれるポーズをしています。

         



        のんびり歩ける小さな集落です。

        posted by: 店長 | 花旅行記その2 | 22:22 | comments(0) | - |

        『高幡不動尊』

        0

          東京日野市にある高幡不動尊の爐發澆犬泙弔″に行って来ました。
          駐車場の前にある弁天池と弁天橋 ちょっと見に京都みたいですね。

           

           

          もみじに映える聖天堂。

           

           

          なんと言っても、1番の見所はこの美しい五重の塔にかかるもみじ!
          ここは東京?って思います。

           

           

          1番奥にある大日堂には拝観料200円を支払い、龍が描かれている天井の真下で手を叩くと鳴り龍の声が聞ける。というお堂があります。こちらは撮影禁止なので写真はありません。

          posted by: 店長 | 花旅行記その2 | 23:29 | comments(0) | - |

          『修善寺観光』

          0

            まずは修善寺温泉発祥のお寺狃ち瓜″に行ってみました。

             


            入り口のもみじと鐘がベストマッチ!

             


            それと、入り口にある清めの水が温泉でした。

             



            ここに着いた途端、お天気が良くなりました。
            もみじもお日様に映えて綺麗に映ります。

             



            建物の裏手に 非公開の庭園 というのがあるらしく、この日たまたま
            その庭園が公開されていたので覗いてきました。

             



            手入れの行き届いた日本庭園です。
            庭園中心には、山の上から流れ落ちる美しい滝があり、澄んだ水の中を錦鯉が優雅に泳いでいます。

            松や柘植の根元には りんどうの花が咲いていて、この庭園は まだ秋真っ盛りの風景です。

             


             

            posted by: 店長 | 花旅行記その2 | 08:02 | comments(0) | - |

            『修善寺もみじ林』

            0

              狃ち瓜もみじ林″では もみじまつりが開催中でした。
              伊豆で、最大級の もみじの群生林です。

               

               

              もみじの下を見上げながら歩き坂道の歩道を登ると、紅葉のもみじを上から見下ろして眺められます。

               

               

              見下ろすもみじの色は、まだ少し早い緑色の葉が残っていたり黄色と赤が程よく重なりあって織物のように見えたり…
              楽しみ方も色々です。

               

              posted by: 店長 | 花旅行記その2 | 07:42 | comments(0) | - |

              『楽寿園、菊まつり』

              0

                埼玉が寒くなってきたので、暖かい静岡県へ出かけて来ました。
                三島市立公園楽寿園内で菊展が開催されていたので、閉館ギリギリに滑り込んで観て来ました。

                 

                 

                菊で飾られた狆田原城″

                 

                 

                お城の下には、宿場町。箱根の関所と箱根宿。手の込んだ菊展です。

                 



                こちらの公園には、風情のある池がたくさんありました。

                 



                中心にある建物のメイン池らしい場所は改装中のようで、水が抜かれていていつもの景色はありませんでした。

                 

                 

                季節ごとに咲く花の時期なら、どの池も美しいのかもしれません。

                posted by: 店長 | 花旅行記その2 | 22:53 | comments(0) | - |

                『晩秋』

                0

                  朝晩 大分冷える様になってきましたね。
                  新潟県六日町へ晩秋の風景写真を撮りに行ってきました。

                  農家の庭先の柿の木。

                   



                  散り積もったイチョウの葉。

                   



                  今にも散りそうな真っ赤なモミジ。

                   



                  家々の庭先の植木にも雪囲いがされて…山々の木々達は 葉っぱをみんな落として、冬の準備をしている。
                  この辺りは、晩秋というよりもう初冬の空気。
                  明日は、雪の予報が出ているそう…山が眠りにつく。

                   


                   

                  posted by: 店長 | 花旅行記その2 | 00:02 | comments(0) | - |

                  『秋』

                  0

                    さいたま水族館の駐車場に植えてあったカエデの木が紅葉していて綺麗でした。
                     (カエデの種類は、ちょっと不明です…ハナカエデ…?に似ています)

                     


                    良くみると、実がなっているのを発見しました。黒くてイガイガの美。
                    この木の実、ジブリ映画のトトロの中に出てくる″まっくろくろすけ″みたいに見えます。

                     

                     

                    風も大分冷たくなりましたね。
                    落ち葉が秋風と戯れています。

                     

                     

                    空は一面のウロコ雲。
                    風が吹く度にウロコの形が変わっていく。
                    ウロコ雲のその先の青い空は
                    もう  冬を知らせる色…。

                     

                    posted by: 店長 | 花旅行記その2 | 23:03 | comments(0) | - |

                    『ブナ林コース』

                    0

                      ゴンドラ到着駅の近くには「ブナ林コース」という短いコースもありました。

                       

                       

                      歩道を、ゆっくり下って行くとブナの林の中を散策できます。

                      ブナは白く美しい木肌から森の女王とも言われています。

                      ただ、ここのブナは苔がついて黒く見えます。

                       



                      “ブナ”で調べてみると(役に立たない木)と書いてあるところもありました。
                      ブナは成長が遅く30年〜50年経って花が咲いて実がなる。
                      400年500年の長命の木もたくさんある。
                      人が使おうと思った時に、直ぐに使えない…そんなところから、使えない木 の名前を付けられてしまったんでしょうね。

                       

                      途中面白いもみじを見つけました。

                      一つ一つの葉ごとに、緑、黄色、赤の3色に色づいています。

                       

                       

                      ブナ林を下って行くと、“長命水”の湧き水があります。
                      水質検査表まで、しっかり提示してあるので心配なく飲めます。

                       

                       

                      長生きできる水?寿命を延ばす水?

                      とりあえず飲んでみました。
                      とっても冷たい美味しい お水でした。

                       
                      美しいブナの林。
                      美味しいお水!
                      寿命が延びた気がします。

                      posted by: 店長 | 花旅行記その2 | 22:22 | comments(0) | - |