「福島 桜の名所最後」

0

    最後は、たまたま見つけた花の苑 “緑水苑”という綺麗な公園です。

     


    桜も満開。早い時期から咲き始めるマンサクやクリンソウ、光を繋げたようなレンギョウに清楚な水芭蕉、
    花の園と呼ぶに相応しい百花繚乱の風景が広がっていました。

     


    この日は午後から強風が吹き荒れ、せっかく綺麗な公園を見つけたのに、風を避けながら歩くのに精一杯で ゆっくり見学ができなかったのが残念でした。

     

                    

     

    posted by: 店長 | 花旅行記その2 | 22:31 | comments(0) | - |

    「福島 さくら名所 2」

    0

      福島県で、次に見に行った桜は “三春の滝桜”です。

      三春の滝桜が満開を迎え、東北の朝日系列のテレビで放映された19日に、たまたま遭遇し見事な滝桜に出会うことができました。

       



      この日は朝から曇りで雨の予報も出ていましたが、滝桜を観ている間中は穏やかに晴れていて写真撮影も絶好でした。

       



      満開の滝桜は見上げるほどに美しく、いくら観ていても飽きません。

       



      1000年の時を超えて、この地に今も君臨している素晴らしい桜。
      日本三大桜の1つ。一度は見てみたい桜です。

       

      posted by: 店長 | - | 23:46 | comments(0) | - |

      「福島 桜名所 1」

      0

        桜を追って福島県まで行ってきました。
        最初は川俣町にある“秋山の駒桜”
        女神山の麓にあるので女神山の駒桜 とも呼ばれています。
        小高い丘にある一本桜で、この日は着いた時にちょうど夕日が桜に当たって更に綺麗に見えました。

         



        桜の木の根元には可憐なカタクリの花が一面に咲いていて、こちらもお勧めするところです。

         



        桜の見える一番特等席に さくら茶屋があり、この日はもうおしまいにする寸前だったので豚汁をご馳走になりました。
        埼玉より気温が10度以上低くくて慌てましたが豚汁で温まれました。

         

        posted by: 店長 | - | 18:35 | comments(0) | - |

        「東雲公園」

        0

          桜の見頃で検索して、写真が何となく素敵と思って…
          栃木県壬生町の東雲公園というところへ行ってみました。

           


          黒川を挟んだ両側の土手沿いに桜が並んで植えられていて今が満開でした。
          桜の花びらが散る土手の上をのんびり歩けるところです。

           



          本流の脇を小川も流れていて、そこは蛍の幼虫を育てる川だそうで、澄んだ水がとても綺麗でした。

           


          そんなに大きくはないけれど、近くに こんな場所があったらいいな…と思えるような公園でした。

           

           

           

          posted by: 店長 | 花旅行記その2 | 23:41 | comments(0) | - |

          「コサージュ」

          0

            これから 春のイベントや ちょっと招かれた席に、襟や胸元を可愛く飾るコサージュは如何ですか?

             

             

            スーツやドレスに合わせた色のプリザーブドフラワーでお作り出来ます。

            posted by: 店長 | プリザーブドフラワーその2 | 22:31 | comments(0) | - |

            「小石川後楽園の桜」

            0

              お天気の良さと暖かさにつられて、東京の小石川後楽園へ桜を観に行ってみました。
              平日だというのに 入り口に案内や整理をする係員が出るほどの人混みです。

               



              桜の周りは写真を撮る人でいっぱい…
              咲き始め なのかと思って来てみたら、もう散り始めていました。

               

               

              池を挟んで少し遠くで桜を、観てみると近くで観るよりも大きくて華やかに見えますね。

               

               

              今週末くらいまでは眺められそうです。

               

               

              posted by: 店長 | 花旅行記その2 | 23:29 | comments(0) | - |

              「筑波山梅まつり」

              0

                筑波山の梅まつりに行って来ました。

                 


                筑波山梅林のある所は、標高約250m緩やかな傾斜に約1000本の白梅、紅梅が植えられているそうです。
                梅の花が続く歩道を見上げながら登って行くと、案外簡単に登れる気がします。

                 

                 

                少し頑張って、あずまやのあるところまで登って行って梅の花を上からいっぺんに眺めるのが一番感動できます。
                花の海のようですよ(^^)

                 

                 

                アスレチックも新しく併設されていたので、そちらにも興味があります。

                 

                posted by: 店長 | 花旅行記その2 | 23:32 | comments(0) | - |

                「好文亭」

                0

                  偕楽園内にある好文亭に入ってみました。

                   

                   

                  徳川斉昭の別所というだけあり広いお屋敷内部の部屋には、松の間、菊の間、桃の間、ツツジの間など、四季を感じられる花々が正にそこに咲いているように襖に華やかに描かれていました。

                   


                  特に、萩と桜の間には惹かれました。

                   


                  建物そのものも広く見応えがありますが、襖や格子の細やかな細工にも、関心させられます。
                  当時の人の楽しみ方は品がありますね。

                   


                  ここから見下ろす梅の景色も最高でした。

                   


                   

                  posted by: 店長 | 花旅行記その2 | 00:15 | comments(0) | - |

                  「偕楽園」

                  0

                    水戸の偕楽園へ行って来ました。
                    昨夜の寒気で、この時期に地面が霜で真っ白!

                     

                     

                    入り口を入ってすぐの池のある庭園の梅が、写真に撮ると一番綺麗に映るような気がします。

                     



                    梅は早咲きのものは終わっていましたが、まだまだ見頃の梅もたくさん咲いていました。

                     


                    桃科や杏科の花は華やかで綺麗なものが多く、特に薄桃色の八重咲きは目を惹きました。

                     


                    梅の木がこれだけあると、桜吹雪ならぬ、梅の花吹雪も引けをとりません。

                     

                     

                    posted by: 店長 | 花旅行記その2 | 22:48 | comments(0) | - |

                    『国立西洋美術館』

                    0

                      東京上野の国立西洋美術館の常設展を観に行って来ました。
                      ゆったりした空間にテーマごとに作品が展示されていました。

                       



                      今回は入り口の売店でガイドブックを購入して、絵画の説明を読みながらゆっくり鑑賞してみました。

                       



                      入り口のロダンの彫刻から始め、モネの睡蓮 やルノワールなど見応えたっぷりです。

                       



                      静かな空間の中で絵と向き合うこういう時間が時には必要ですね。
                      心の栄養になる気がします。また、行きたいです。
                       

                      posted by: 店長 | その他 | 23:08 | comments(0) | - |